くらし情報『「人を見る目」は養えるのか?』

2016年6月6日 20:00

「人を見る目」は養えるのか?

目次

・ニュースの後の後出しじゃんけん
・人間の嘘を見抜く能力は、仕事に役立つ
・人材業の私、「人を見る目」は身についたのか?
・「人を見る目」を養うための4つの方法
・この方法は、かなり面倒くさい
・人を見る目も「ほどほど」がちょうどいい?
「人を見る目」は養えるのか?

ニュースの後の後出しじゃんけん

不倫、詐欺などの事件が起こった際、「最初からうさんくさいと思っていた」「そういうことをやりそうな人だ」という大量の「後出しじゃんけん的意見」が主にネット上で猛威を振るいます。私は、いつもこれがとても気になってしまいます。

「私は人を見る目がある人物である」とアピールしたい気持ちが、あの大量の書き込みを生むのではないでしょうか。

人間の嘘を見抜く能力は、仕事に役立つ

「人を見る目がある人間」は、この複雑な社会において優位性が高いです。会社の社長に「人を見る目」が本当にあったら、優秀で帰属意識の高い社員を選ぶことができますし、新入社員も面接官やその会社で働く人を見れば会社選びを間違えにくい。恋愛や結婚の分野ではさらにそのスキルが、失敗も障害もなくキラキラとした幸せな世界へと誘ってくれることでしょう。

警察官、弁護士、検事、医師など、接する人間が嘘をつきやすい環境に身を置くプロたちも、喉から手が出るくらい欲しいスキルです。

私が営む人材業も同じで、面接時によりよく見せようとするキャンディデイト(候補者)の、本当のキャラクターやスキルを探らなければならない我々は、日々「人を見る目」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.