くらし情報『平子理沙、45歳の反骨精神「年齢のことばかり考えていると、楽しめない」』

2016年6月13日 15:00

平子理沙、45歳の反骨精神「年齢のことばかり考えていると、楽しめない」

そう思わせるほど、ラムちゃんコスプレは、攻撃的であり暴力的だった。若作りの範疇を超えて、「年齢」という概念そのものの破壊行動のように見えた。

アンチエイジングとかヌルいこと言うやつ出てこいよ、テメェらをぶっつぶすためのデストロイエイジングをやってやるよ!

勝手に平子理沙の心を代弁してみました。おおかた間違いないだろう。というわけで、「イタい」と揶揄するのは、イタい上等の平子にはまったく意味がない。革命者はいつも孤独だ。みんなが年相応に右ならえする窮屈な世の中にならないよう、“必要悪”ならぬ“必要イタ”として、これからもトンガっててほしいと思う。わかりやすくまとめれば、平成の内田裕也だ。内田は「舛添はロックじゃない」と叫んだが、平子も「舛添はガーリーじゃない」と叫べばいい。イタガーリーとして、これからも私たちに喝をいれてください!
(亀井百合子)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.