くらし情報『“こうあるべき”が怒りの感情を生む 些細なイライラをマネジメントする方法』

2016年6月14日 20:30

“こうあるべき”が怒りの感情を生む 些細なイライラをマネジメントする方法

分析する必要はありません。あくまでも事実として書き残すだけ。これを、アンガーログといいます。アンガーマネジメントの中心的なテクニックのひとつですね」

激怒していても少し時間が経つと、怒りの気持ちは残っているのに、なぜ怒っていたかを覚えていないことは少なくない。怒ったことを忘れてしまうと、その対処法が見えなくなるので、このアンガーログで記録するのだ。

「アンガーログができるようになったら、自分の怒りの度合いを10段階で数値化します。0をまったく怒ってない普通の状態、10を人生最大の怒りとした場合、だいたいの怒りは1から9の間に収まります。軽くイラっとしたら1〜3、まあまあ腹が立ったら4〜6、すごく頭にきたら7〜9といった感じです。

続けていると自分の中に大まかな目安ができてくると思うので、アンガーログと一緒に記録していきます。書き残すうちに、“すごく怒ったけど、よくよく考えてみるとたいしたことではなかった”という場合があることが見えてきます。怒りを全部一緒くたに考えるのではなく、例えば1〜3くらいなら“本当に必要がある怒りなのか?”と反省してみます。どの一線を超えたら本当に怒る必要があるのか、基準を自分の中に作っていきましょう」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.