くらし情報『“こうあるべき”が怒りの感情を生む 些細なイライラをマネジメントする方法』

2016年6月14日 20:30

“こうあるべき”が怒りの感情を生む 些細なイライラをマネジメントする方法

アンガーログをつけることで、自分がどういうことで怒りやすいのか、どんな時間帯や場面で怒りやすいかが見えてくる。

怒りの裏には「べき」が隠れている

アンガーログが習慣になり、自分にとっての怒りの基準がある程度つかめてきたら、次のステップへ。ここで取り組みたいのは、私たちを怒らせる、「べき」の存在を解き明かすこと。

「“こうあるべき”“○○するべき”という言葉は、私たちの希望や願望、欲求を表すもの。自分が怒った事柄の裏側にはどんな“べき”があるのか、それを探り、書き出していきます。アンガーマネジメントでは、これを“べきログ”と呼んでいます。

人にはそれぞれ自分の中に“べき”があって、許せるものと許せないものがあります。ただ、気分によって、あるときは怒ったり、あるときは全然イライラしなかったりする。気分に左右されずに、許せるものと許せないものの基準、これを安定させることが重要です。例えば、一度“遅刻は5分を過ぎるまで怒らない”と決めたら、もう今後は怒らない。けれど、5分を超えたらそれは許せないと伝えましょう」

自分が許せないのは何なのか、日頃から周囲の人たち伝えることも大事だと須田さんはいう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.