くらし情報『30代半ばで無職のどん底 「ふるさと納税ブーム」の火付け役・須永珠代さんが語る、心が疲れない働き方』

2016年6月15日 15:00

30代半ばで無職のどん底 「ふるさと納税ブーム」の火付け役・須永珠代さんが語る、心が疲れない働き方

――起業に向け、本格的な「スイッチ」が入ったのは、いつ頃でしょうか?

須永:30代前半に働いたベンチャー企業の社長との出会いが、私の価値観を変えました。「いずれは起業したいんです」と社長に告げたら、「それならオレの思考を学べ」と言われ、すべてのミーティングに同席することに。さらにその様子をビデオ撮影し、社長の一挙一動から、「なぜこの提案にNGを出したか」「この発言の意図は何か」を観察しました。

そこで学んだのは、「考え抜くこと」の大切さです。当たり前のようだけれど、実はできている人はすごく少ない。情報収集したことで“考えた気”になっていたり、思いつきをそのまま提案していたり。要は、「掘り下げる」作業をしていないんですね。実際、私もその一人でした。考え抜かれた提案やアイデアは、他人を説得できるだけの言葉とパワーがある。“考え抜くクセ”が物事を突破するカギになると思い、その習慣を取り入れるようになりました。

須永珠代


無職になり「ひき肉チャーハン」で食いつないだ日々

――どんなふうに「考え抜く」習慣を身に着けたのですか?

須永:自宅にホワイトボードを設置し、発想をどんどん書き出す「マインドマップ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.