くらし情報『スケジュールは仕事で埋まらない方がいい 月5日だけ働く「ゆるふわ起業家」』

2016年6月29日 15:56

スケジュールは仕事で埋まらない方がいい 月5日だけ働く「ゆるふわ起業家」

目次

・働くのは月に5日だけ
・「セックス・アンド・ザ・シティ」のキャリーに憧れて独立したものの
・「常に仕事モード」は自分に合わないと気づいて
・未来の不安のために今を犠牲にしない
スケジュールは仕事で埋まらない方がいい 月5日だけ働く「ゆるふわ起業家」

アパレル販売員から司会業を経て28歳で起業。パーソナルスタイリストとして成功を収めると、今度はワークライフスタイリストとして「可愛いままで起業できる!」をコンセプトにセミナーやワークショップを展開している宮本佳実(みやもと・よしみ)さん。模索の果てに彼女がつかんだ「ゆるふわな働き方」とは?

働くのは月に5日だけ

──いま、どのくらいのペースで働いているんですか?

宮本佳実さん(以下、宮本):だいたい月に5日くらいです。

──ということは、週に1日か2日?!

宮本:本のための原稿を書いたり、ブログを書いたりするのは毎日やっているので、それらを「働いている」と考えると毎日のように働いていることになるわけですが。

──「書く」という行為は仕事としてカウントされていないということですね。

宮本:「書く」のは、ごはんを食べる、昼寝をする、韓流ドラマを観る、書く……というふうに生活の中に入っているので、働いているという感じではないですね。私にとって、働いている状態とは、講演やセミナーでみなさんの前でお話ししたり、今のこの場のように取材を受けたりといった時間を指すんです。
宮本佳実



関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.