くらし情報『【鳥飼茜エッセイ】個性的であるということ、またはN田くん再び』

2016年7月8日 20:00

【鳥飼茜エッセイ】個性的であるということ、またはN田くん再び

目次

・N田くん再び
・趣向を凝らしがちな、芸大生の部屋
・N田くんの部屋
・非喫煙者(見えないタバコを除く)
・「ヘタウマ」つまり芸術界において最高位にイケてる
【鳥飼茜エッセイ】個性的であるということ、またはN田くん再び

N田くん再び

初回に書いたN田くんの話が面白かったのでN田くんのことをまた少し書いてみようと思います。面白かったというのはそういう声が多かったとかの他薦ではなく、自薦です。

N田くんは出会った時から変わった人であった。当時通っていた芸大という場所は変わった人であることがヨソと比べてとてもウケたので、学内は変わった人で飽和状態となり、変わった人のデフレーションを起こしていたように見えたのは私だけではなかったと思う。

そんな中でN田くん「変わってい」さは頭一つ飛び抜けていた。どうって、なんというか、普通だったのである。であるって、久しぶりに書いた。

趣向を凝らしがちな、芸大生の部屋

初めての一人暮らしで全てが自分の選択のもとに生活をデザインできるってことに興奮しきっていた私は、ベッドカバーからシャワーカーテンから冷蔵庫から、とにかくこだわった。おばあちゃんちにおもむろに出向き、それまで気にもかけなかった、ゴミ同然の眠れるレトロ家財を山賊のようにかっさらっては自部屋にかつぎ込み、聴けないレコードを壁の鴨居に差し込みまくった。拾い物のテレビに白いペンキで色を塗った。そして古着屋と同じ匂いのするお香を焚いた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.