くらし情報『ココナッツオイル・ブームの仕掛け人 どんなに稼いでも月10万円で生きられる身軽さ』

2016年8月10日 15:03

ココナッツオイル・ブームの仕掛け人 どんなに稼いでも月10万円で生きられる身軽さ

目次

・職務経歴書3枚分の転職を繰り返して
・根っこにあるのは「自分が生きる分は自分で稼ぐ」
・いつでも月10万で生活できるスタイルを貫く
・10億円を捨てる決断をした理由
ココナッツオイル・ブームの仕掛け人 どんなに稼いでも月10万円で生きられる身軽さ

手描き風の可愛いラベルのココナッツオイルで大ブームの口火を切ったブラウンシュガーファーストの代表取締役社長・荻野みどり(おぎの・みどり)さん。ビジネスを成功させても「月10万円あれば心豊かに生きていける」と話す彼女の軽やかな生き方とは?

職務経歴書3枚分の転職を繰り返して

──大学に4回入って、4回中退されたそうですね?

荻野みどりさん(以下、荻野):そうなんです(笑)。高校を出て、まず被服科の短大に入りました。留学したいという夢があったのですが、私が生まれ育った福岡は女性の生き方に関しては保守的なところで、21、22歳で結婚して家庭に入るというのが、親が私に求めたことでした。4年制の大学に進むのは無意味、留学なんてもってのほかという感じでした。

それでもどうしても海外に行く夢があきらめきれず、親を説得して1年生の夏休みに1ヵ月だけニューヨークに行きました。結果、やはり福岡に留まりたくないという思いが強まり、短大は1年で辞めることに。いったん福岡のアパレル関係で働き始めましたが、もっと外の世界を見たいと、今度は家出して上京してしまいました。21歳でした。やはりアパレル関係に勤めたものの、すぐに自分の限界が見えてしまい、またこの頃「20代のうちに生涯年収を増やさなくては」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.