くらし情報『「代わりのある仕事」は1秒たりともしたくない マタニティ・ファッションの先駆者・青木愛さん』

2016年8月31日 15:10

「代わりのある仕事」は1秒たりともしたくない マタニティ・ファッションの先駆者・青木愛さん

目次

・ファッション誌の編集をやり尽くして
・「ムダな時間は1秒たりとも持ちたくない」
・「世の中の片側しか見ていなかった」と気づいて
「代わりのある仕事」は1秒たりともしたくない マタニティ・ファッションの先駆者・青木愛さん

妊娠したおなかは「隠すもの」ではなく、おしゃれに堂々と「見せるもの」。徹夜も辞さずファッション誌の仕事にのめり込んでいたバリキャリ編集者が、ニューヨークのマタニティ・ファッションに衝撃を受けて、その後みずから起業。

マタニティ・ファッションのセレクトショップ、VIRINAの代表取締役社長・青木愛(あおき・あい)さんが今の働き方を選んだ理由は?

20160831-wo-2


ファッション誌の編集をやり尽くして

──ニューヨークに渡られたのが人生の大きな転機だったとか?

青木愛さん(以下、青木):大学卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社して、「トランタン」「ヴァンサンカン」、さらに「ヴァンテーヌ」とファッション誌の編集をやっていて、28歳くらいですでに「やり切った」という感じになったんです。それで、また違うことにトライしてみたいと思ってニューヨークへ。

──退社はされずに渡米された?

青木:「そのうちに戻ってきてほしい、席は残しておくから」と言ってくださる方がいらして。それで、休職扱いで出て行って、ニューヨークでは「エル・ガール」のファッション・ページを作っていました。

20160831-wo-5


──マタニティ・ファッションとの出会いはご自身の妊娠がきっかけですか?

青木:実は妊娠する前に、ニューヨークから休みを利用して西海岸に行った時に、すごくセンスのいい店があると思って飛び込んだら、それがマドンナも顧客リストに載るマタニティ・ファッションの店だったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.