くらし情報『「代わりのある仕事」は1秒たりともしたくない マタニティ・ファッションの先駆者・青木愛さん』

2016年8月31日 15:10

「代わりのある仕事」は1秒たりともしたくない マタニティ・ファッションの先駆者・青木愛さん

だから、その時点ですでにマタニティ・ファッションに注目はしていました。

ニューヨークでもたくさんの妊婦やママがすごく堂々とおしゃれをしている姿を目の当たりにしていたので、自分が妊娠した時にも当然おしゃれに過ごしたいと考えました。

20160831-wo-7


「ムダな時間は1秒たりとも持ちたくない」

──しかし、第一子を産まれてから起業されるまでにはまだもう一山ありましたよね。

青木:長男を産んだ後、2年間のニューヨーク暮らしに終止符を打って日本に戻りました。アシェット婦人画報社(当時)に復職して、「エル・ジャポン」編集部に入りましたが、そこには「子連れ編集者」としての壁が待っていました。以前よりも時間やエネルギーを仕事に注ぎ込むことができない。集められる情報の量も減るし、明け方まで粘ってコーディネートを練るということもできない。

ある時、自分が担当したページのゲラを見て「このページ、つまらないかもしれない」と不安になってしまった。仕事の質に影響が出ることがわかると、そういう自分に我慢できなくなりました。会社に雇われていると、どうしても自分じゃなくてもできる仕事をやらされる部分があるでしょう?子どもを持ったことで、そういうムダな時間は1秒たりとも持ちたくないとも思ったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.