くらし情報『コンピュータに言葉を教えた女性 グレース・ホッパー』

2016年9月4日 20:00

コンピュータに言葉を教えた女性 グレース・ホッパー

目次

・コンピュータに“言葉”を教えた女性
・母から子へと受け継がれた「学問」の意志
・戦争が始まると、婦人部隊に志願
・離婚、そしてコンピュータにのめり込む日々
・アルコール中毒とうつに苦しんで
・COBOLの開発に成功
・ホッパーが残した名言
コンピュータに言葉を教えた女性 グレース・ホッパー

黒澤はゆまの歴史上の女性に学ぶシリーズ、今回はグレース・ホッパーです。コンピュータ言語・COBOLを開発した女性の人生を追います。離婚やうつ、女性の働きづらさに直面しながらも、彼女はいつも「意志を持つこと」を忘れませんでした。

コンピュータに“言葉”を教えた女性

今や私たちの生活に一時も欠かすことのできないコンピュータ。

ふとまわりを見渡しても、パソコンやスマホは言うに及ばす、テレビ、電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機、目につく家電のほとんどに組み込まれ、自動車や電車、飛行機といった輸送機器の制御にも使われています。

黙々と社会のインフラを支えてくれるだけでなく、時に歌ったり、踊ったり、ゲームの相手になったりしてくれる彼らは私たち人類の最高のパートナー。最近は、ポケモンGOで、新しい友達を作るきっかけを与えてくれたりもしましたね。

しかし、このコンピュータ、草創期は電流のオン・オフしか解さず、パンチペーパーを呑み込んだら、ガタゴト動いて、またパンチペーパーを吐き出す、味も素っ気もないマシンでした。当時は、彼らに何かやってもらおうと思ったら、こんな感じの0と1の羅列を打ち込んで命令する他なかったのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.