くらし情報『コンピュータに言葉を教えた女性 グレース・ホッパー』

2016年9月4日 20:00

コンピュータに言葉を教えた女性 グレース・ホッパー

「娘には自分と同じ口惜しさを味わわせたくない」

メアリ―がホッパーに渡した一つの時計。それは母から娘への激励に他なりませんでした。

母の後押しもあって、ホッパーはすくすくと才能を伸ばしていきました。名門女子大であるヴァッサー大学を卒業後、イェール大学院へと進学。卒業後は母校のヴァッサーで数学の教鞭をとり、1934年には母の夢見た数学の博士号を取得しています。

私生活でも大学在学中にヴィンセント・ホッパーと結婚。彼もニューヨーク大学の教授になりましたから、夫妻ともに学者の、絵に描いたようなエリート夫婦でした。

戦争が始まると、婦人部隊に志願

十分な収入も社会的地位も手に入れて、当時としてはそろそろ人生も黄昏にさしかかる37歳という年齢を迎えた頃、ホッパーはまったく新しい分野にチャレンジしました。

きっかけは第二次世界大戦。

海軍が創設した米国海軍婦人部隊(WAVES)に志願したのです。

前線に行くわけではありませんでしたが、当然、夫も友人も大反対。しかし、ホッパーの考えは、

「港の中の船はそりゃ安全よ。でも、何も生み出さないわ。外海に漕ぎ出し、そして新しいことを始めなきゃ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.