くらし情報『新たなスキンケアの“常識”になるか? 「ソフィーナ」土台美容液のヒミツ』

2016年10月9日 17:00

新たなスキンケアの“常識”になるか? 「ソフィーナ」土台美容液のヒミツ

目次

・誕生のきっかけは……
・スキンケアの“常識”を塗り替えてきた
・「肌の調子がいいと、自分に自信を持てる」
新たなスキンケアの“常識”になるか? 「ソフィーナ」土台美容液のヒミツ

花王の化粧品ブランド「SOFINA(ソフィーナ)」が9月にブランドの中核となる基本ケアシリーズを全面刷新しました。

特に注目なのは、「SOFINA iP 美活パワームース(土台美容液)」です。実は、基本ケアシリーズに先駆けて2015年に発売しましたが、高い新客率とリピート率を記録。これまでは百貨店を中心とした取り扱いでしたが、基本シリーズの全面刷新に伴い全国のスーパー、ドラッグストアでも取り扱いをスタートしました。

「土台美容液」とは聞きなれない言葉ですが、洗顔後、お手入れの土台として使うことで、次に使う化粧水などがなじみやすくなるのだそう。

「炭酸入浴剤『バブ』でも知られる花王が、30年以上にわたる炭酸研究を集結した」という同商品について、マーケティングを担当する大友和美(おおとも・かずみ)さんに話を聞きました。

sofi-na


誕生のきっかけは……

――「土台美容液」が生まれたきっかけを教えてください。

大友和美さん(以下、大友):弊社では長年にわたって皮膚科学の研究をしているんですが、その一環として、同じ女性を10年以上に渡りモニタリングしています。すると、肌の状態に明らかな差があって。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.