くらし情報『田舎は“人生の楽園”じゃない それでも私が地方移住に惹かれるワケ』

2016年10月29日 20:10

田舎は“人生の楽園”じゃない それでも私が地方移住に惹かれるワケ

移住する前のこと。

私が立山町の地域おこし協力隊として富山に行くことを知った同じ立山町出身、東京在住の友人と初対面した。場所は、東京・虎ノ門にあるハイアット系の高級ホテル「アンダーズ東京」。

1階にある優雅なカフェでお茶をしながら、立山町のこと、富山のことについていろいろと教えてくれた。その友人は、私が「地域の活性化に貢献したい」という思いに共感して、応援してくれていた。

その友人が私に、一つこんなアドバイスをした。

「田舎で、何か行動を起こす時、政治的な動きが必要になるから注意して」と。

「政治的な動き?」。

正直、その時の私にはピンとこなかったが、友人いわく、「政治的な動き=事前の根回し」とのこと。とにかく、地方で何かやろうとする時、都会とは勝手が異なってくるのだな、ということだけはわかった。

イベントを企画して、わかったことは

移住女子4-⑥


実際にその意味がわかったのは、移住して、自分が借りている家を使ってイベントを企画しようと思った時のこと。

都会と違い、地方では娯楽そのものが少ないため、自分たちで面白いイベントを企画して開催するケースも多い。そのイベント告知にはFB(フェイスブック)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.