くらし情報『田舎は“人生の楽園”じゃない それでも私が地方移住に惹かれるワケ』

2016年10月29日 20:10

田舎は“人生の楽園”じゃない それでも私が地方移住に惹かれるワケ

がフル活用されている。

東京よりも、FBをしている人が圧倒的に多いし、日頃の情報収集にFBは欠かせない。立山町に来る前、町長とも、FBで“お友達”になった。とにかくFBの活用され方、FB人口が圧倒的に多いのに驚いた。

初めてイベントを企画しようと考えた時、「移住・定住の促進」というキーワードに加え、「文化」をからめて考えることにした。

音楽、文学、歴史、アート、食。カフェだって一つの文化だ。

都会でも、地方でも、人の心や生活を豊かにするのが「文化」であり、東京ほどさまざまなイベントが氾濫していない地方にこそ、そうした文化的な催しは求められていると感じたから。

“政治的な動き”の正体

移住女子4回目-① (2)


そんな思いから初めて開催したのが、昨年8月14日の「夏野菜を使った料理作り&移住おしゃべり会」だった。

お盆の時期なら、富山県や立山町出身の、Uターン希望者も帰省しているので、イベントに参加しやすいと考えた。お料理会に使う夏野菜は、立山町内の知り合いの農家さんにおすそ分けしてもらった。

結果的に、地元住民を含め、Iターン、Uターン希望者ら11人が集まってくれ、北日本新聞や富山新聞も記事として取り上げてくれたイベントになった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.