くらし情報『「東京神話」は、もうやめよう 都会を離れてもアップデートはできる』

2016年11月5日 20:10

「東京神話」は、もうやめよう 都会を離れてもアップデートはできる

目次

・「日本の中心=東京」という神話
・自分の人生は、自分で生きるしかない
・田舎でも稼げる方がカッコいい!
「東京神話」は、もうやめよう 都会を離れてもアップデートはできる

今、田舎暮らしは、20代、30代の若い層にも、確実に浸透してきている。UターンやIターンを希望する年齢層が以前より若くなっているのは、私自身、東京での移住フェアに相談員として参加して感じること。

何より、東京であれ、地方であれ、それぞれが自分のチカラや魅力を最大限、発揮できる「場」に巡り会えることが、一番大事なことだと思う。

自分にとってそんな「ステージ」と思えた富山で食べてゆくために、自分の手で稼げるモデルを作る。これが今の私のテーマである。

「日本の中心=東京」という神話

秋のさくらr


就職でいったん東京に出た後、30代半ばで富山にJターン*してきた友人と話していた時のこと。地方に行くって、ちょっと前までは、「都会での生活に疲れた敗北者」みたいなイメージあったよね、と私が何気なく話すと、その友人、「今もそれほど変わらないと思うよ」と。

*一度都会に出た人が、故郷ではなく“故郷に近い場所”に移住すること。

聞いてみると、その彼女は、夫、子どもの3人で今から10年ほど前、東京を引き払って富山に戻ってきたそうだが、ある日、ママ友の一人から「なんでこっちに戻ってきたの?旦那、リストラされた?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.