くらし情報『いい歳なのに貯金がない……江戸の偉人から学ぶ「貯める体質」になる秘訣』

2016年11月8日 21:45

いい歳なのに貯金がない……江戸の偉人から学ぶ「貯める体質」になる秘訣

目次

・お金は卑しいと思っていない?
・西鶴「金でままならぬのは命だけ」
・お金は勝ち取る道具
いい歳なのに貯金がない……江戸の偉人から学ぶ「貯める体質」になる秘訣

仕事に恋に人生に、人の悩みは尽きないもの。

人に相談したり、ひとり悶々したりするのもよいですが、古典を手にとってみるのもオススメです。歴史上や物語の中の人物の生き様から学んでみてはいかがでしょうか。

『源氏物語』の全訳(ちくま文庫)で知られる古典エッセイストの大塚ひかりさんに30代女性のお悩みに回答していただきます。3回目のテーマは「お金」です。

【お悩み】

貯金ができないことが悩みです。30過ぎていい年なのにほとんど貯金がありません。仕事は充実しているのですが、「がんばったご褒美」と称してつい散財。人と会うことも好きなので、交際費も高い方だと思います。学生時代の奨学金を返済している最中というのもありますが、パーっと使ってしまう性分の自分がいけないんだと思います。

貯金をコツコツしている友だちに会うたびに落ち込む一方で「マンションを買うために転職を諦めた(待遇のいい会社に残る)」という話を聞くと「金のために自分の可能性を試さないなんて小さいな」と思ってしまう自分もいます。

両親は健在ですが、一人っ子なのでいつかは介護が降りかかってくるのかと思うと経済的にも不安で。貯金体質になれる方法があれば教えてください。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.