くらし情報『女性がハマる落語入門「失敗がムダにならない“落語”ってすごい!」』

2016年11月27日 15:10

女性がハマる落語入門「失敗がムダにならない“落語”ってすごい!」

今、密かにブームの伝統芸能、それが「落語」です。

落語家の生涯を描いた、雲田はるこさんの漫画『昭和元禄落語心中』(講談社)のヒットや春風亭昇々さん、三遊亭王楽さんら「イケメン落語家」の登場により、落語にハマる女性も急増しているのだそう。

「年収1千万円以上のビジネスマンは半数近くが“落語好き”放送作家が教える、収入と話し方の関係性」でもご紹介した通り、社会人の嗜みとしてもにわかに注目を集めています。

でも、「落語ってなんだか難しそう」「着物を来た人が身振り手振りで話すだけなんでしょ?」と二の足を踏んでしまう人も多いはず。そこで、「笑点」の若手大喜利やラジオで引っ張りだこの女流落語家・春風亭ぴっかり☆さんに、落語初心者におすすめの落語の楽しみ方を伺いました。

【1】まずは有名落語家の落語を観よう

――初心者がまず落語に触れるなら、何を観るのがベストでしょうか?

春風亭ぴっかり☆さん(以下、ぴっかり☆):私のおすすめは、まずテレビに出演しているような有名人の落語会に足を運ぶことです。たとえば、私の師匠である春風亭小朝や「笑点」に出演されているメンバー、タレントとしてもご活躍の笑福亭鶴瓶師匠など、大御所の方々の会はハズレがないんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.