くらし情報『頑張りだけで40代に突入すると“余裕のない人”に 顔ヨガで“オーラのある人”になる』

2016年12月6日 20:45

頑張りだけで40代に突入すると“余裕のない人”に 顔ヨガで“オーラのある人”になる

しわ、たるみ、くすみ、ほうれい線…。年齢とともに深刻になるお肌悩みに絶大な効果があると話題沸騰の“顔ヨガ”。どんなに疲れていてもキラキラしたオーラを放つ女性になれるエクササイズを、顔ヨガ講師でアルゼンチンタンゴダンサーの間々田佳子(ままだ・よしこ)さんに教えていただきました。

前編は、「顔ヨガで顔が変わる理由」を、後編では今すぐ始めたい「顔ヨガの実践編」をお届けします。

カメラ写りが悪い顔が“いつものあなた”

――30歳を過ぎてから、全体的に肌の弾力が落ち、だんだん貧相になっている気がします。電車の窓に映った自分を見てぎょっとすることも増えました。

間々田佳子さん(以下、間々田):無意識でいる時の顔って驚くほど脱力していて、鏡の中の自分とは違いますよね。でも、実際は無意識顔の方が、まわりの人に見せている“いつもの顔”。よく人に撮ってもらった写真を見て「いつもの私じゃない」「写りが悪い」と不満に思うことがありますよね。でも、実はそれこそ「普段の自分」なんです。

いつどこで誰に見られても素敵でいるためには、口角が上がっているとか、顔全体に緊張感を持っていることが大切。だからこそ、普段から表情筋に意識を向けましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.