くらし情報『意外と知らないSNSの“死後”サービス「Facebookは追悼アカウントの設定を」』

2016年12月14日 21:45

意外と知らないSNSの“死後”サービス「Facebookは追悼アカウントの設定を」

今や、スマホやパソコンがなくてはならない時代です。多くの人がスマホやパソコンを使い、LINEやTwitter、Facebookなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を利用しています。最近では、電話番号や住所も知らず、SNSだけで繋がっている人も多いのでは?

前回は、あなたが亡くなった後、スマホやパソコンのデータがどんな運命を辿るのかを紹介しました。

目次

・Facebook:「追悼アカウント管理人」を設定できる
・LINE:本人以外は一切NG
・Twitter:遺族がツイートしてもOK
・放置?削除?備えあれば憂いなし


第2回目の今回は、LINEやTwitter、Facebookなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)がどうなるのかを、一般社団法人デジタル遺品研究会ルクシーの代表理事を務める、古田雄介さんにお聞きしました。

Facebook:「追悼アカウント管理人」を設定できる

「Facebookは、アカウントの持ち主が亡くなった後に『追悼アカウント』という機能で保護したり、本人が生前に死後への備えを設定できます。『追悼アカウント』とは、ユーザーが亡くなった後に、友だちや家族がその人の思い出をシェアするためのアカウントです」(古田雄介さん・以下同)

普段何気なく使っているFacebookですが、そんな機能があったんですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.