くらし情報『「逃げ恥」が羨ましい高学歴女子 理解されなくても“ゆるキャリ”“専業主婦”になりたい』

2016年12月20日 22:30

「逃げ恥」が羨ましい高学歴女子 理解されなくても“ゆるキャリ”“専業主婦”になりたい

実際に高学歴だがバリキャリではない女性は、このドラマをどう見たのか?「逃げ恥」にハマっているという20代独身女性・サキさんに聞いた。

「資格があるのにもったいない」はおかしい

「大学は横浜国立大学の教育人間科学部に入りました。卒業して関東の学校に臨時的職員として就職、その後、正規職員に。しかし、今は学校を退職し、児童館や学童クラブなどの施設で1年更新の契約社員として働きつつ、趣味に関する勉強をしたりアルバイトをしたりしています」

サキさんが国立大学卒という肩書と教員資格を持ちながら正職員として働かないことは、なかなか周囲に理解されづらいという。

「国立大卒だということが分かると、仕事の割り振りが変わったり変にプレッシャーを与えられることがあります。男性からしてもやはり少し近寄りがたい印象を与えるようです。大学名を知った途端にやけに褒めちぎられたり、ことある毎に大学名を出されりすることは、相手が男女どちらでもありますね。私は、資格があるから、能力があるからといってその職業に就かなくてはいけないという見方には反対です。自分のやりたいことをやっていて、充実感を得られることが一番の幸せだと思うので……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.