くらし情報『「シェリー」はパーティ料理と相性ぴったり! シチュエーション別おすすめシェリー』

2016年12月23日 21:05

「シェリー」はパーティ料理と相性ぴったり! シチュエーション別おすすめシェリー

目次

・気分に合わせて飲み分けたい、シェリーのバリエーション
・「フィノ」辛口
・「マンサニーリャ」辛口
・「オロロソ」辛口
・「クリーム」甘口
「シェリー」はパーティ料理と相性ぴったり! シチュエーション別おすすめシェリー

いよいよ、クリスマスシーズンも本番。親しい仲間と、ホームパーティーを企画している人も多いのでは? クリスマスパーティーで飲む定番といえば、シャンパン、ワインですが、今年のクリスマスは「シェリー」を加えてみてはいかがでしょう。

シェリーの魅力をお伝えした前回に続き、今回は、シェリーの種類と、シチュエーションに合わせた飲み方をお伝えします。

気分に合わせて飲み分けたい、シェリーのバリエーション

スペインのアンダルシア南西部ヘレス地域で生まれ、特別な自然条件の下、独特の製法でできあがるワインが「シェリー」です。使用されるブドウ品種、醸造方法、熟成方法によって、異なったタイプのワインになります。

日本ではシェリーというと、淡い金色のドライなフィノタイプがポピュラーで、その一種類しかないと思われがちです。実は、シェリーの種類は10種類以上。産地にはワイナリー、そしてラベルの数もたくさんあるのです。

タイプは、辛口から甘口、極甘口まであり、色・香り・味わい・料理の合わせ方もバラエティに富んでいます。食前酒として知られるシェリーですが、食事中にも、食後にもそれぞれ合うものがあります。

では、日本でも手に入れやすい、代表的な4種類をご紹介しましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.