くらし情報『「N女」って何? ハイスペック女性が“収入よりやりがい”に惹かれる理由』

2017年1月11日 14:30

「N女」って何? ハイスペック女性が“収入よりやりがい”に惹かれる理由

目次

・年収約500万円ダウンでも、NPOやNGOへ転職
・N女たちがつくった、キャリア女子の新しい定義
「N女」って何? ハイスペック女性が“収入よりやりがい”に惹かれる理由

「N女」とは、ハイスペック(高職歴・高収入)を捨てて、社会課題を解決するソーシャルセクター(NPO・NGO)へ転職する女性のこと。そんなN女たちの多様な職業観や価値観を取材した、ノンフィクション作家・中村安希さんの『N女の研究』(フィルムアート社)が話題です。転職後も結婚、出産といったライフイベントに揺れながらも、型にはまらない選択を重ねるN女たちの事情に迫ります。

年収約500万円ダウンでも、NPOやNGOへ転職

──『N女の研究』は、外資系企業を渡り歩いてきたという中村さんの親友が、高収入のIT業界を辞めて非営利業界へ退職する話から始まっています。中村さんは本気で止めていらっしゃいましたね。

当時、彼女は高収入で、住んでいるところも家賃の高い都内のマンションだったんです。なのに、それを捨てて非営利団体に転職したいって言うから、もうびっくりして。

彼女だけでなく、自分のまわりでNPO法人などの非営利業界へ転職する女性たちが現れ始めていて、それをすごく新鮮に感じていました。みんなバリバリに仕事で活躍しながら、平均で750万円くらいの年収を得ている人たち。それなのに年収300万円以下とも言われる業界へ移るということは、今まであまりなかったというか、変わっていて興味深いと思いました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.