くらし情報『予防接種は毎年受けるべき? 内科医が教える、おとなのためのインフルエンザ講座』

2017年1月12日 09:45

予防接種は毎年受けるべき? 内科医が教える、おとなのためのインフルエンザ講座

どうしても出社の必要があるという場合は、必ずマスクを着用して周囲の人へうつさないように配慮しましょう。

また、熱が下がってもせきがひどくなる場合は、細菌による気管支炎を合併している可能性があるので、再度、医療機関を受診してください。

おとなにとっての必須の予防法は?

最後に今井医師は、おとながインフルエンザを予防するための注意点について、次のようにアドバイスをします。

「通勤で、大勢の人が集まる交通機関や場所に行くことが多いでしょう。インフルエンザの主な感染経路は、せきやくしゃみで口から出る水滴による『飛沫(ひまつ)感染』です。これを浴びないよう、また発しないように、外出時は『マスクを着用』して、帰宅後は石けんで入念に手を洗いましょう。また、体の抵抗力を高めるために、日ごろから十分な睡眠と、栄養のバランスが整った食事を心がけることが、おとなにとっての必須の予防法と言えるでしょう」

インフルエンザの流行する型は変異するので予防接種は毎年受けておきたい、予防接種を受けても発症することがある、熱が下がっても完治したと勘違いしない、症状があるうちは出社をひかえる、なにより日ごろの生活習慣が重要であるということです。正しい情報を知っておき、予防や対処をしたいものです。

(取材・文岩田なつき/ユンブル)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.