くらし情報『ムダな努力をせずに「うまくやる人」が使いこなしている「小さな技術」とは?』

2017年2月10日 20:15

ムダな努力をせずに「うまくやる人」が使いこなしている「小さな技術」とは?

自分がすでに持っているもの、それを尊重しなさい、その価値を知りなさいっていう意味かなと、僕は解釈しているんですけども。

基本的に、その「小さな技術」――つまり自分が日々の生活や経験の中で積み上げてきたものっていうのは、わりと無意識の中で活かされることが多いと思うんです。

個性とは「活かしきった技術」のこと

たとえば会社のプロジェクトなんかに参加した時、チームそれぞれのメンバーに「君の個性を出せ」と要求される局面って、よくあるじゃないですか。

じゃあ「個性」とは、いったい何か。それは別に奇抜な発想とか、突出したカラーや斬新さとか、そういう派手なものではないと思うんです。つまり「君のおぼえた小さな技術」こそが「君の個性」であり、個々のオリジナリティーのもとになるもの。

自分が生まれ育った町とか、家族関係とか友だち関係とか、趣味とか部活とか、今まで生きてきた環境の中で培った、すでに活かしきった技術のことを、僕たちは「個性」と呼んでいるんだと思います。その人が自分の人生の中で、何度も繰り返し使いきっているような技術。
その「小さな技術」を活かしきった時に、違う分野で応用される、っていうことが往々にしてあるんですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.