くらし情報『色気の正体とは?「また会いたくなる人」は色を味方につけている』

2017年2月14日 14:30

色気の正体とは?「また会いたくなる人」は色を味方につけている

目次

・色気とは後天的なもの
・「なんか、いい」が最高のほめ言葉
・色気は着ている服の「色」で決まる
・明日から3週間、黒い服は禁止!
色気の正体とは?「また会いたくなる人」は色を味方につけている

「同性でもそばにいると、なんか気になる」「何かと言えば、みんなの話題にのぼる」そんな女性って、いますよね。彼女は、特別美人なわけでも、オシャレなわけでもないのに……なぜ?自分との違いはいったい何?

“色”というツールを駆使してこれまで3万人をプロデュースしてきた、カラーキュレーター®、七江亜紀(ななえ・あき)さんによると、「“なんか、いい感じの人”は色を味方につけて色気を作り出しているんです」とのこと。

えっ、色気って、自分で作れるの?

詳しい話を七江さんに聞いてみました。

色気とは後天的なもの

——「色気は自分で作れる」と聞いて、すごく驚いたんですが、本当なんですか?

七江亜紀さん(以下、七江):本当ですよ。色気といえば、生まれつきのもので、「ある人」と「ない人」にパッキリ分かれていると思われがちですが、実はそうじゃないんです。色気は、後天的なもの、工夫次第で自由自在に作り出せるものだと思うんですよね。

——その話を聞いて、すごく希望が湧いてきました。実は私、昔から「色気がない」「華がない」って言われることがあって密かに悩んでたんです……。

七江:私もそうですよ。 男友達から「おまえ、どこかで色気を買ってこいよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.