くらし情報『「会社は辞めても、仕事は続ける」時短勤務のモヤモヤから独立を決めるまで』

2017年2月25日 14:06

「会社は辞めても、仕事は続ける」時短勤務のモヤモヤから独立を決めるまで

目次

・あまり意味がなかった「時短勤務」
・独立直後にぶつかった壁
・独立2年目の「しっくりくるワークスタイル」
「会社は辞めても、仕事は続ける」時短勤務のモヤモヤから独立を決めるまで

「産んでも、働き続けたい」

ところが、実際には育休から復帰して間もなく退職して、仕事もそのままやめてしまう女性は少なくありません。

みなさんは「会社を辞める=仕事をやめる」だと思っていませんか?

でも実は「会社を辞めても、仕事は続ける」という選択肢だってあるんです。

今回は育休復帰後に仕事と育児の両立に悩んだすえ、「独立して仕事を続ける」という道を選んだデザイナーのひかるさんを訪ねてみました。

あまり意味がなかった「時短勤務」

横浜市某所にあるマンションの1階が、ひかるさんの自宅兼仕事場です。

広い庭に面したリビングには、ベーシックな色合いのローソファーと木目調の家具が置かれ、天井からは熱気球のモビールが吊るされています。壁にはお気に入りの絵画やお子さんの作品が並んでいたり。

遊び心の散りばめられたゆったりとした空間です。

大手デザイン事務所に勤めていたひかるさんが、独立をしたのはお嬢さんが4歳になった時でした。

「32歳で娘を出産しました。社内初の産休・育休だったので、会社の人と相談しながらいろんなことを進めていきました」

育休から復帰後は毎日17時に退社させてもらっていたそう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.