くらし情報『産まずに育てる「養子」という選択肢。実際に育てた人の話を聞いてみた』

2017年3月14日 20:45

産まずに育てる「養子」という選択肢。実際に育てた人の話を聞いてみた

目次

・初めて「ママ」と呼ばれた日
・耐えがたい嫌悪感を抱いた理由
・「そこまでして子どもが欲しいのか」という声
・「あなたは母親には向いてない」と言われて
産まずに育てる「養子」という選択肢。実際に育てた人の話を聞いてみた

実子の長女(21歳)と、養子の次女(14歳)。

ふたりの娘の母親であるFP(ファイナンシャルプランナー)の中村芳子(なかむら・よしこ)さん。

40歳を前に二人目不妊に気づいた中村さんが、2歳の女の子を養子に迎えてから、今年で12年が経ちました。

2017年現在、年間に成立する特別養子縁組はわずか約500件。アメリカでは年間12万件が成立している現実に比べれば、養子という選択肢は、まだまだ日本では一般的ではありません。

いまだ身近とは言えない「養子」という存在について、経験者である中村さんにインタビューしていく全3回のシリーズ。前回、実子である長女が10歳の時に、2歳の女の子を無事に養子に迎えるまでのお話を聞きました。第2回では、「養子を迎えよう」と決めてから5年、ようやくスタートした絵梨子ちゃんとの生活、そして養子をめぐる日本の制度について聞いていきます。

第1回はこちら:母になったら人生終わりだと思ってた

初めて「ママ」と呼ばれた日

——2005年のクリスマスイブ、養子の絵梨子ちゃんを迎えて4人となった家族の生活。当時、実子である長女・友紀ちゃんは10歳、新しい生活は順調にスタートしたのでしょうか?

中村:クリスマスイブに絵梨子を自宅に迎える3ヵ月前から、私たち夫婦はずっと彼女に面会を続けていたんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.