くらし情報『アメリカのハイスペ女性の間で「子ナシ」が激減しているらしい…その理由は?』

2017年3月18日 12:15

アメリカのハイスペ女性の間で「子ナシ」が激減しているらしい…その理由は?

目次

・子どもを産まない女性はIQが高い?
・本当のところはどうなんだろう?
・「高学歴のハイスペ女性」に話を限れば
・アメリカのハイスペ女性の間では「子ナシ」が減少
・産むなら「1人より2人」の傾向が
・「キャリアか子供か」の二択はもう古い
・女性の中で思考が反転し始めている?
アメリカのハイスペ女性の間で「子ナシ」が激減しているらしい…その理由は?

子どもを産まない女性はIQが高い?

日曜日の朝、二度寝をしながらボーッとiPhoneでネット記事をチェックしていると、こんなタイトルの記事が目にとまりました。

「子どもを産まない女性はIQが高い」

へーっと思いながら、記事を開きました。

確かに、今の世の中、頭がよくて損得勘定にさとい女性ほど、「子供を産んでもトクなことは一つもないし」と判断するかもしれないという予想はついていたので、特に違和感のあるタイトルには思えませんでした。

出典として紹介されていたのは、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの進化心理学者・金沢聡博士の研究でした。実は、この人、以前「黒人女性は最も魅力に乏しい人種」と発言して物議を醸したちょっとエキセントリックな学者。もちろん、今回の「出産意欲のない女性はIQが高い」も非難轟々だったそうです。

記事は、「女性のIQが15ポイントアップするごとに、子どもが欲しいという欲求は25%ずつ低下する」という研究結果を引用しつつ、日本も「高学歴の女性ほど生涯で出産する子どもの数も少ない」と続けます。

みなさんもすでに感覚的にお気づきのように、IQ(知能指数)と学歴は無関係なので、そこからしておかしいんですが、そこは置くとして、「出生意欲」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.