くらし情報『ポッコリ下腹は“浅く止まりやすい呼吸”が原因だった。ペタ腹をつくる呼吸法』

2017年3月21日 20:50

ポッコリ下腹は“浅く止まりやすい呼吸”が原因だった。ペタ腹をつくる呼吸法

目次

・そのおなかの膨らみ、脂肪じゃないのかも!
・カチカチ&ボテボテ腹の原因は、「呼吸」にあった
・呼吸力の低下からくるポッコリ下腹
・ツラい運動いらず。3日で腹ペタを叶える
ポッコリ下腹は“浅く止まりやすい呼吸”が原因だった。ペタ腹をつくる呼吸法

ぽっこり、タプタプ……。アラサー以降ますます深刻化する女性の腹まわり、通称“OVER30腹(オバサー腹)”問題。単なる食べ過ぎや運動不足、加齢によるたるみのせいと片づけがちですが、じつは、おなかの“膨張”にもあるのだそう。

「おなかの膨張には、呼吸が深く関わっています」と話すのは、呼吸整体師として約20年治療に携わり、これまで4万人以上の体を改善してきた森田愛子(もりた・あいこ)先生。

今回は森田先生に“オバサー腹”と呼吸の関係について聞きました。

そのおなかの膨らみ、脂肪じゃないのかも!

風船のような下っ腹に、タプタプの段々腹……。おなかまわりは30代以降の女性にとって特に気になるパーツ。

「おなかまわりの膨らみを気にするとき、大半の人は皮下脂肪が原因だと考えます。でも、呼吸のクセによって膨張していることもあるのです。私の元に足を運ぶ“不調持ち”の人たちは、ほぼ例外なくおなかが膨張していますね。

患者さんたちが40分ほどの治療を終えて治療室の全身鏡を見ると『おなかがひとまわりコンパクトになった』『体が軽い!』と口をそろえます。

呼吸整体を通じて、患者さんの不調を改善するのが私の仕事。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.