くらし情報『女性の間で増えるアルコール依存症…量を飲む人より、〇〇な人がなりやすい。』

2017年3月24日 23:01

女性の間で増えるアルコール依存症…量を飲む人より、〇〇な人がなりやすい。

目次

・毎日ワインをグラス2、3杯でも危ない
・問題は「量」じゃない
・アルコール中毒になりやすい女性の共通点
・「休肝日をつくらなきゃ」は赤信号
女性の間で増えるアルコール依存症…量を飲む人より、〇〇な人がなりやすい。

「ここ10年で、女性のアルコール依存症が1.7倍に増えている」

そんなニュースをウートピでも過去に掲載しました。

なぜ、女性の間でアルコール依存症が増えているの?

そもそも、どうしてアルコール依存症になっちゃうの?

今回は、3月24日24時放送のAbemaTV『Wの悲喜劇〜日本一過激なオンナのニュース〜』で「女性のアルコール依存症」に出演する、「のぞえ総合心療病院医療法人 コミュノテ風と虹」副院長の堀川百合子(ほりかわ・ゆりこ)先生に話を聞きました。

聞き手は、「ここのところ、ちょっとお酒の量が気になる……」というウートピ編集部のスタッフS(33歳)です。

毎日ワインをグラス2、3杯でも危ない

——30代になって20代より収入もだいぶ増えたので、最近ワインに手を出してしまったんです。自分のお金で買うと、品種や産地も覚えられるし……という言い訳もあって、毎日グラスに2、3杯飲んでしまいます。で、気づいたら、毎週不燃ゴミにワインボトルが2、3本……。

先生、私、やばいですか?

堀川百合子先生(以下、堀川):1日も欠かさず毎日ですか?だったら、危ないですね。3、4年でほぼ確実にアルコール依存症になりますよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.