くらし情報『シンデレラタイムに寝ても美肌にならない。睡眠にまつわるウソ・ホント』

2017年4月3日 19:45

シンデレラタイムに寝ても美肌にならない。睡眠にまつわるウソ・ホント

シンデレラタイムに寝ても美肌にならない。睡眠にまつわるウソ・ホント

「週末に寝だめをする」「シンデレラタイムに寝る」「眠れない時は羊を数える」などなど……。誰もが一度は試したことがあるのでは?しかし、その“睡眠あるある”は果たして、正しいのでしょうか。

そこで、睡眠研究の最高峰である、スタンフォード大学医学部教授および同大学の睡眠生体リズム研究所所長を務める西野精治(にしの・せいじ)先生に、「睡眠あるある」について聞いてみました。

第1回:ホルモンバランスを整える快眠法
第2回:「目覚ましのスヌーズ機能」は睡眠の質を下げる

1. 週末に寝だめをすれば大丈夫だ→△

「しないよりはしたほうがマシ」という意味ではありです。ただし、40分の睡眠不足を取り戻すには、14時間ずっとベッドの上で横になっているのを3週間続ける必要があるという実験結果があります。つまり、週末の寝だめぐらいで、日ごろの睡眠不足を解消するのは現実的には無理なこと。いかに睡眠の質を高めるかが重要になります。

2. “シンデレラタイム(22時〜2時)”に眠ると美容に良い→×

睡眠にかかわる生理現象は時間ではなくレム・ノンレムの睡眠周期に影響を受けますので、厳密に言うと間違っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.