くらし情報『「時間はお金よりも貴重」オトナ女子が思い切ってやめたこと9選』

2017年4月3日 20:45

「時間はお金よりも貴重」オトナ女子が思い切ってやめたこと9選

目次

・職場の近くに引っ越した
・女友達との時間に「区切り」をつけた
・移動手段をタクシーに切り替えた
・意味のないMTGへの参加をやめた
・キンドルを導入した
・割引クーポンを使うのをやめた
・テレビやYouTubeを見る時間を減らした
・家事を家電に任せた
・行くべき飲み会を厳選するようにした
「時間はお金よりも貴重」オトナ女子が思い切ってやめたこと9選

「時は金なり」

この言葉が身にしみ始める年頃って、ありますよね?

仕事が楽しくなってきて、プライベートでもやりたいことがいっぱい……時間がいくらあっても足らない。寝てる時間がもったいないくらい。

そんな日々の中でいったい、みんなどうやって時間を確保しているの?という疑問が浮かびました。そこでウートピ編集部では、アラサーから30代の女性のみなさんに「時間」を捻出するために始めたこと/やめたことをヒアリング調査してみました。

職場の近くに引っ越した

(32歳・IT企業勤務)

以前は「会社から少し遠くても広い家に住みたい」と考えて、京王線沿線の京王八王子で1LDKの部屋にひとりで暮らしていました。でも、入社6年目を過ぎた頃から、自分が担当するプロジェクトが忙しくなったんです。で、残業が続いた日にふと、「仕事で疲れてるのに、1時間以上も満員電車に揺られて帰るのは非効率だよなぁ……」と感じ、引っ越しを決意。

すぐに会社がある飯田橋の1Kを借りて移りました。家賃は6万円増しで部屋も狭くなってしまいましたが、その分断捨離もして気分はスッキリ。会社から徒歩7分なので、どんなに残業が続いても、毎日6時間は睡眠時間を確保できるようになりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.