くらし情報『「没頭できるものがほしい」会社員と両立できるパラレルキャリアのすすめ』

2017年4月9日 08:22

「没頭できるものがほしい」会社員と両立できるパラレルキャリアのすすめ

目次

・会社以外に「もう一つの世界」をつくる
・パラレルキャリアの7つの形
・「没頭できることがない」というコンプレックス
・「本業がもっと楽しくなる」というメリットも
「没頭できるものがほしい」会社員と両立できるパラレルキャリアのすすめ

仕事は好きだし、そこそこデキるけど、心から楽しめているわけじゃない。何かもっと「没頭できるもの」が欲しい。

そんなふうにモヤモヤを抱えている女性におすすめしたいのが、パラレルキャリアというワークスタイル。

「自分にはコレがある!と自信を持って言えないことがずっとコンプレックスでした。でも、本業とは別にパラレルキャリアを持つことで、それが解消されました」そう語るのは、ホームパーティープランナーの村上あゆ美(むらかみ・あゆみ)さん。広告代理店の営業職を本業としながら、パラレルキャリアを続け、現在ではパラレルキャリアの女性が交流するオンラインサロン「TIMサロン」のオーナーも務めています。

そんな村上さんが肌で感じたパラレルキャリアの魅力とは?

会社以外に「もう一つの世界」をつくる

——村上さんが考えるパラレルキャリアとは、どういうものですか?

村上あゆ美さん(以下、村上):パラレルキャリアは、会社とは別に「もう一つの世界をつくる」ことです。パラレルキャリアというと、一般に「起業するための準備や収入を増やすための副業」と思われがちですが、それだけではないんです。

——「会社で働き続ける」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.