くらし情報『ダイソンのデザインなら高くても欲しい。オトナ女性から選ばれる理由』

2017年4月23日 12:15

ダイソンのデザインなら高くても欲しい。オトナ女性から選ばれる理由

ーーデザイナーがいないというのは驚きです。では、エンジニアはどんな発想で開発をしているんですか?

山崎:ダイソンのエンジニアが大事にしているのは、日常生活における問題をエンジニアリングや新しいテクノロジーで解決することです。製品開発は、エンジニアが日々過ごす中で感じるフラストレーションや疑問をきっかけにスタートします。たとえば「ゴミを吸うのが仕事の掃除機。その掃除機のベストなパフォーマンスはどんな掃除機であるべきか」というようなことですね。

ーー「今はオシャレな家電が注目されているから」「意識が高い層にウケるデザインにしよう!」といった、いわゆるマーケティングの観点から製品開発がスタートするのではないのですね。

山崎:そうですね。マーケティングを起点に製品開発を行う企業では、まずどのような製品を作るか決定し、そこにどんな機能を入れたらいいかを考えると思います。けれどもダイソンの場合は正反対の方法を取ります。つまり、機能を先に開発し、それを活かすためにどのような製品を作ればいいか考えるんです。掃除機、空調家電、ドライヤー、照明など、製品のカテゴリーに一貫性がないのはそのためです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.