くらし情報『「幸せ」を決めるのは自分 『逃げ恥』作者に聞く、“呪い”から自由になる方法』

2017年4月21日 20:45

「幸せ」を決めるのは自分 『逃げ恥』作者に聞く、“呪い”から自由になる方法

目次

・呪いから自由になる物語
・“女子力”の呪い
・「自分で自分を諦めないことが大事」
・「幸せ」を決めるのは自分
・「自分の好きを大事にすること」
「幸せ」を決めるのは自分 『逃げ恥』作者に聞く、“呪い”から自由になる方法

新垣結衣さん主演でドラマ化もされ”逃げ恥”現象を巻き起こした人気マンガ『逃げるは恥だが役に立つ』(講談社)がこのほど約5年間の連載に終止符を打ちました。

「自分は小賢しい女」と思っているヒロインや女性経験がない”プロの独身”など一見”普通”だけれど、実はコンプレックスや生きづらさを感じている登場人物がそれぞれの”呪い”を解いていくストーリーが多くの人の共感を呼び、ドラマの放送中は「呪い」という言葉がネットを中心に話題になりました。

常識や「こうあるべき」と言った世間が押し付けてくるプレッシャーにいつの間にか飲み込まれて自分自身に「呪い」をかけてしまう……。そんな「呪い」から自由になるにはどうすればいいのか。原作者の海野つなみ先生に話を聞きました。

呪いから自由になる物語

ーー主人公のみくりは「自分は小賢しい女」と思っているし、平匡は女性経験がないことをコンプレックスに思っています。物語の終盤で百合が放った「そんな恐ろしい呪いからはさっさと逃げてしまうことね」というセリフは作品のテーマが凝縮されていました。「呪い」というワードは連載当初から意識をされていたんですか?

海野つなみ(以下、海野)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.