くらし情報『ノースリーブを堂々と着たい。「もみヤセ」で初夏までに“見せられる腕”をつくる』

2017年4月24日 20:45

ノースリーブを堂々と着たい。「もみヤセ」で初夏までに“見せられる腕”をつくる

目次

・もんで硬いところは「お肉の溜まり場」
・リンパ節が詰まっていたらもったいない!
ノースリーブを堂々と着たい。「もみヤセ」で初夏までに“見せられる腕”をつくる

肌見せシーズンになると気になってくるのが二の腕。ノースリーブの服は「着ヤセ効果」があるから、ぜひ着たい。でも、この二の腕だけは出せない……。

そんなジレンマを抱える女性を救ってくれるのが1日1分でOKの「もみヤセ」。

マイナス20キロという自身のダイエット体験をもとに編み出した“もんでヤセる”方法が好評のダイエット美容家の本島彩帆里(もとじま・さおり)さん。

第4回は「二の腕」のラインづくりに効果的なマッサージについてお伝えします。

第1回:もみほぐして「痩せやすいカラダ」に
第2回:スキニーパンツが似合う太ももが欲しい
第3回:ヒップラインに危機感…「もみヤセ」でリカバリー

もんで硬いところは「お肉の溜まり場」

「マッサージをする前に確認して欲しいのですが、二の腕でも柔らかいところと、硬いところがありませんか?硬いところはお肉が凝り固まっていることが多いです。ここも“グー”の手でグリグリとほぐして、柔らかいところはつまんで、脂肪をリンパ節へ流してあげてください」

(1)二の腕全体を“グー”でほぐして柔らかくしていきます。二の腕だけではなく、肩や脇もほぐしましょう。

セルライトがたまっている部分はグーの手で。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.