くらし情報『ノースリーブを堂々と着たい。「もみヤセ」で初夏までに“見せられる腕”をつくる』

2017年4月24日 20:45

ノースリーブを堂々と着たい。「もみヤセ」で初夏までに“見せられる腕”をつくる

(2) “グー”からつまみもみへチェンジします。肘から肩にかけて外側のラインをつまみながらもんでいきます。

つまみもみ。

(3)脇をほぐします。脇の下に4本の指を入れて、親指は外に。指で脇の下を挟むようにしてもみます。

リンパが詰まっていると痛みを感じることもある。

(4)脇の裏側をもみましょう。親指を脇に入れて、2のつまみもみを繰り返します。

裏側もほぐす。

(5)腕を上げます。手を1の“グー”にして脇の下をダイレクトにほぐしましょう。

グーでゴリゴリと流す。

(6)ラストは二の腕全体を手で掴み、リンパ節のある脇の下へほぐしたお肉を流しましょう。

脇に向かって流す。

リンパ節が詰まっていたらもったいない!

「二の腕もみでもラストはリンパ節に流していますが、そけい部(太もものつけ根の部分)、ひざ裏、脇の下とリンパ節のある3か所は常に意識してもんで欲しいところ。リンパ節が詰まっていてはマッサージの効果も半減。二の腕に近い脇の下なら、“グー”にした手を挟んで、手を脇に押し当てるように腕を軽く動かすだけでもほぐれますし、ながらでもできますよ」

画像提供:『もんでヤセない身体はない 燃焼系 「美圧」マッサージ』(KADOKAWA)

ウートピ編集部

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.