くらし情報『「妊活自粛宣言」をしてみたけれど…あの人の仕事と妊娠のタイミング』

2017年5月8日 20:45

「妊活自粛宣言」をしてみたけれど…あの人の仕事と妊娠のタイミング

目次

・頭に浮かんだたくさんの「どうしよう?」
・産む/産まないどちらを選んでも道はある
・仕事選びの重要さを痛感した妊娠初期
「妊活自粛宣言」をしてみたけれど…あの人の仕事と妊娠のタイミング

妊娠出産は、喜ばしいこととして周囲からも無条件に祝福されます。でも実際には働き盛りにキャリアを中断しなければならなかったり、復帰するにも保育園がなかなか見つからなかったりと、様々なハードルが存在します。これから「産むかも?」と考えているアラサー世代にとっても、不安が大きいはず。

そこで、ウートピは仕事が波に乗っていた時期に出産したコラムニストの犬山紙子さんに全3編に渡ってのインタビューを企画。

第1回は、出産前に感じていた「仕事が減ってしまうのではないか?」という不安から妊活を意識したきっかけ、周囲への妊娠報告タイミングなどについて話を聞きました。

頭に浮かんだたくさんの「どうしよう?」

——犬山さんが妊娠したのは、情報番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)のレギュラー出演中。タイミングなど、迷いはありませんでしたか?

犬山紙子さん(以下、犬山):私は32歳で結婚したので、もともと「子ども、どうしよう?」という気持ちがありました。入籍後、1年くらいは夫と2人の生活を楽しもうと思っていたんですけど、翌年、ありがたいことにレギュラーの仕事がどさどさっと増えたんです。

「子どもを産むなら、そろそろ妊活をスタートしなきゃいけないタイミングかな?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.