くらし情報『この言葉に救われた…アラサー女子の背中を押した、仕事に関する神ワード』

2017年6月5日 21:45

この言葉に救われた…アラサー女子の背中を押した、仕事に関する神ワード

目次

・あの人の言うことがすべて正解じゃない
・ゆでガエルになるなよ
・尻尾を捕まれないくらいでちょうどいい
・自分だけの時計を持ちなさい
・「このやり方でやる」と押し切らないといけない時がある
・一日でも長く生きる。その分多くの人に出会えるから
・私の背中を押してくれた言葉たち
この言葉に救われた…アラサー女子の背中を押した、仕事に関する神ワード

日々仕事をしていると、必ずつまずいたり、壁ににぶつかったりするもの。

上司と関係がギクシャクしてつらい時、同僚と自分を比べてしまってしんどい時、自分がやっていることにホントに意味があるのかな?と考えちゃって不安な時……。

理由は人それぞれだけど、そんな苦しい時に、周囲の人からかけられた言葉に救われたという経験はないでしょうか?

今回は20代後半から30代のオトナ女子に、「今も心に残っている神ワード」をヒアリング調査してみました。

今のあなたの心に響く言葉があるかも。

あの人の言うことがすべて正解じゃない

28歳・ベンチャー企業勤務

入社1年目の時でした。ベンチャー企業に就職したんですが、当時配属された部署が新規アプリの立ち上げ真っ只中だったんです。アプリをローンチしたあとも、会社全体の事業が伸びず、今後を左右する大変な時期で、社内も殺伐としていました。

そんな中私は、毎日毎日上司にあることないことで怒られて……。

あの頃は、上司に詰められすぎて精神的にも体力的にも限界。毎日血便が出て、顔中ニキビだらけになり、会社に続く宮益坂を吐きそうになりながら登ってました。自分だけが悪いわけじゃないのに、なんで入社1年目の私だけ……?もう、とにかくずっと我慢してたんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.