くらし情報『副業でみんないくら稼いでいる? 半数が月1〜5万円【正社員の副業実態調査】』

2017年6月6日 23:45

副業でみんないくら稼いでいる? 半数が月1〜5万円【正社員の副業実態調査】

目次

・副業の目的は「収入のため」
・副業経験者の6割が接客系のアルバイト
・週5時間未満、月収5万円未満が半数
・マイナンバー制度で副業をやめた
・副業が解禁されている会社は2割以下
・日頃からの時間管理が大事
副業でみんないくら稼いでいる? 半数が月1〜5万円【正社員の副業実態調査】

「本業がおろそかになる」として、日本の多くの企業で禁止されていた副業。しかし、働き方の多様化が進む昨今では、副業を解禁する企業も増えてきました。

エン・ジャパンはこのほど、同社で運営している転職支援サービス『エン転職』で、「副業*」について正社員として勤務する5000人超にアンケート調査を実施。88%の人が「副業に興味あり」と回答し、副業経験者は33%ということが明らかになりました。

*調査の「副業」とは、週末起業やアルバイト、アンケートモニターなど「本業以外に収入を得る手段・仕事のすべて」を指す。副業は「働き方改革」の一環で、企業側の容認を政府が推進している。少子高齢化に伴う労働力不足の補完と、働き手の収入増やスキルアップによる生産性向上が目的とされている。

副業の目的は「収入のため」

まず、副業への興味を聞いたところ、「興味がある」と回答した人は88%で、「興味がない」と回答した人の12%を大きく上回りました。

理由を見てみると、「収入を得るため」が83%と最も多く、次いで「自分のスキルアップのため」(23%)、「自分のキャリアを広げるため」(17%)、「人脈を作るため」(15%)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.