くらし情報『チャンスを逃す“汚部屋”は卒業! 片付けられるようになる3つのステップ』

2017年6月12日 15:01

チャンスを逃す“汚部屋”は卒業! 片付けられるようになる3つのステップ

司馬:そういうタイプの人もいますね。「完璧に片付けたいから、片付け方の本を読むところから始めないといけない」「こういう順番でやらないといけない」みたいな融通のきかなさも“脳のクセ”の特徴です。

——持ちものを減らすのも、部屋をきれいに保つための一つの手段でしょうか?

司馬:自分で管理できるだけの量を持つということも大事だと思います。たとえば洋服は、上下の組み合わせをあらかじめ決めて、6パターンまでしか持たない。センスのいい友だちの手を借りることができれば、もう着ない服を思い切って手放せるかもしれません。

——1人で抱え込みすぎないのが大事なんですね。

司馬:やっぱり、誰かが一緒にやってくれるだけでも面白いじゃないですか。「ランチおごるからちょっと手伝って」と頼めば、「行く行く!」って来てくれる人もいるはずですよ。

【今日から実践!部屋が片付く3つのステップ】
【1】部屋を写真に撮って客観視する
【2】モノの住所を決めてラベルを貼る
【3】洋服は6パターンに絞る

次回は、「言うことがコロコロ変わる上司」や「締め切りを守れない部下」など、まわりの人がADHD傾向にある場合のサポート方法についてお話を聞きます。

(取材・文:東谷好依、写真:青木勇太)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.