くらし情報『独立直後の「退職エントリー」が大事! 仕事に困らない上手なフリー転身』

2017年8月23日 21:30

独立直後の「退職エントリー」が大事! 仕事に困らない上手なフリー転身

目次

・「退職エントリー」はあくまでポジティブに
・生活レベルはとりあえず落としておく
・辞めても「会社の看板」は使える
・ひとり会社vs.個人事業主
独立直後の「退職エントリー」が大事! 仕事に困らない上手なフリー転身

「フリー編集長」と「社畜プロデューサー」というまったく異なる立場から、ウートピ編集部というチームを運営している鈴木円香(33歳)と海野優子(32歳)。脱サラした自営業者とマジメ一筋の会社員が、「心から納得できる働きかた」を見つけるため時にはケンカも辞さず、真剣に繰り広げる日本一ちっちゃな働きかた改革が現在進行中です。

海野P(左)と鈴木編集長(右)

第7回から続けてきた「有識者会議」をおやすみして、夏の番外編として座談会を挟むことに。

テーマは、「私、今まさに会社を辞めようとしています」。会社に縛られずに自分の好きな時間に好きな場所で仕事をしたい。夏休みは、そんな思いが膨らむ時期かもしれませんね。

今回は、「まさに辞めようとしている人」「辞めた直後の人」「やめて1年ほど経過した人」と、3人の脱サラ・フリーランサー志望者を招集。それぞれの「辞める理由」と「辞めてみて感じたこと」を聞いてみました。聞き手は、自分も辞めて2年目の新米フリーランサーの編集長・鈴木です。

第2回に続いて、最終回は「フリーとして生き抜く知恵」について聞いてみました。会社員マインドとフリーマインドはどう違うの?

今回座談会に参加してくださったのは、こちらの3人。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.