くらし情報『働きたい企業ナンバーワンの会社から、ベンチャーへ転職ってマジですか?』

2017年8月29日 20:45

働きたい企業ナンバーワンの会社から、ベンチャーへ転職ってマジですか?

目次

・満足したら成長が止まると思った…
・経営に近い仕事がしたい
・入社3ヶ月で部署異動。「より結果を出せる仕事に」
・成長は振り返った時に気付くもの
働きたい企業ナンバーワンの会社から、ベンチャーへ転職ってマジですか?

一般的に転職というと「年収アップ」を思い浮かべますが、やりがいや成長を求めて「年収ダウン」しても構わないという人もいます。

たとえば、自動家計簿・資産管理サービスやクラウド型会計ソフトなどを開発するマネーフォワードに勤める土屋友美賀(つちや・ゆみか)さんは、Google(グーグル)からベンチャー企業に転職を決断しました。

グーグルで働くってなんだかすごい気がするけど……ベンチャー企業に転職して後悔はありませんか?土屋さんに話を聞きに行きました。

満足したら成長が止まると思った…

——土屋さんは、新卒でグーグルに入社した後、マネーフォワードに転職されているんですよね。グーグルの看板がなくなるという不安はありませんでしたか?

土屋友美賀さん(以下、土屋):はい。グーグルは革新的で素晴らしい会社ですし、金額も規模も大きな仕事を任せてもらっていました。でも、仕事をする中でこの売上に自分がどのくらい関わっているんだろうとモヤモヤするようになったんです。

——そういう悩みもあるんですね。

土屋:その頃、「さすがグーグルだね」と言われることにも違和感がありました。経営陣が決めたことが現場に降りてきて、達成に向かって行動する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.