くらし情報『ローン抱えて会社を辞めたら“自由”になった 家モチ女子が手に入れたもの』

2017年9月7日 15:01

ローン抱えて会社を辞めたら“自由”になった 家モチ女子が手に入れたもの

目次

・ホントに“開放感のある家”ができました
・「終の住処」じゃないから自由
・オンナおひとりさまで家を建ててみた結論
ローン抱えて会社を辞めたら“自由”になった 家モチ女子が手に入れたもの

おひとり様の会社員が、40歳で都心に「7坪ハウス」を建ててみた。

「東京で家モチ女子になる」という無謀な企てを実現しようとして身に起きた出来事を、洗いざらい綴ってきたこの連載。

今回がいよいよ最終回です。すったもんだの末にようやくカタチになった夢のホーム。最後の最後まで胸の中でくすぶっていた疑念は、晴れたのでしょうか?

塚本邸の全貌

ホントに“開放感のある家”ができました

2012年8月24、25日、建築家主催のわが家のオープンハウス(お披露目)が行なわれた。建築事務所の方々が、新居とそこからほど近い私の仮住まいを何往復もしながら、小さな家具や小物を運び出し、新しい家のあちこちに配置してくれた(本当の引っ越しは9月中旬)。

最初、「早めに引っ越しても問題ない家具や小物はありますか?」と建築家に聞かれた時、ちょっと驚いた。私も結構な数のオープンハウスに足を運んだが、引っ越す前の開催のため、見学できるのはほぼ空っぽの家だ。今回は少しでも家の雰囲気が伝わるようにと、力仕事が加わるのも厭わずに建築家が趣向をこらしてくれた。

オープンハウス当日。1Fのエントランスから。

そして、“前からずっとここにありました”といわんばかりに違和感なくしっくりと並べられた家具や小物を見て思った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.