くらし情報『広報、人事、マーケ…文系総合職はみんなフリーランスに転身できる? 』

2017年10月4日 20:45

広報、人事、マーケ…文系総合職はみんなフリーランスに転身できる? 

目次

・なってみたら、まわりにも勧めたくなった
・広報、人事、マーケもフリーに転身できる
・フリー転身の準備は在職中から
・週2、3日のコミットでもOK
広報、人事、マーケ…文系総合職はみんなフリーランスに転身できる? 

「フリー編集長」と「社畜プロデューサー」というまったく異なる立場から、ウートピ編集部というチームを運営している鈴木円香(33歳)と海野優子(32歳)。

脱サラした自営業者とマジメ一筋の会社員が、「心から納得できる働きかた」を見つけるため時にはケンカも辞さず、真剣に繰り広げる日本一ちっちゃな働きかた改革が現在進行中です。

最近では「フリーランス」という働きかたも選択肢の一つとしてクローズアップされています。でも、フリーランスといえば、アナウンサー、デザイナー、編集者、ライターといった職種でないとなれないイメージも。実際のところ、フツーの会社員にとっても選びうるワークスタイルなのでしょうか?

そこで今回は、主に文系総合職の女性に向けてフリーランスという働きかたを提案している、株式会社Waris(ワリス)共同代表で一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会理事でもある田中美和(たなか・みわ)さんに話を聞きました。

田中さん(右)にふたりで話を聞きに行きました

なってみたら、まわりにも勧めたくなった

鈴木:田中さんは11年にわたり大手出版社に記者・編集者として勤められたのち独立してフリーランスに。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.