くらし情報『即効性か副作用別か。薬剤師に聞く、市販の鎮痛薬の選びかた【前編】』

2017年10月4日 21:45

即効性か副作用別か。薬剤師に聞く、市販の鎮痛薬の選びかた【前編】

どんな薬でしょうか。

近藤さん市販薬の「ロキソニンS」や「イブ」のシリーズなどは、医療用の薬を市販薬として転用したものです。これを「スイッチOTC医薬品」と呼びます。

「OTC」とは、「Over The Counter」の略です。薬剤師の説明を受けて購入する「第1類医薬品」と、薬剤師や登録販売者の説明を受ける「第2類医薬品」、また、第2類の「2」の部分が〇や□で囲まれている「指定第2類医薬品」などに分類されているため、手の届きにくい場所に陳列されています。

例を挙げると、医療機関で処方される「ロキソニン錠」と市販薬の「ロキソニンS」、処方薬の「ブルフェン錠100~200」(科研製薬)と市販薬の「イブ」のシリーズ(エスエス製薬)や「ナロンメディカル」(大正製薬)は、製品名は違うものの、成分、添加物、形状などは同じです。

また、「ロキソニンS」のシリーズは「第1類医薬品」に分類されます。薬剤師に用法用量や副作用に関する説明を受けてから購入してください。

下痢、便秘、二日酔いに鎮痛薬が効かない理由

——市販の鎮痛薬はどれを選んでも「痛み」に効果があるのでしょうか。

近藤さん市販の薬は、神経に痛みを伝達する「発痛物質」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.