くらし情報『即効性か副作用別か。薬剤師に聞く、市販の鎮痛薬の選びかた【前編】』

2017年10月4日 21:45

即効性か副作用別か。薬剤師に聞く、市販の鎮痛薬の選びかた【前編】

薬の主な名称が同じでも、シリーズとして違うタイプが出ているのはそういった用途が違うためです。たとえば、ロキソニンSは3種類のシリーズ、イブやナロンは5種類があり、それぞれ鎮痛作用の強弱や胃、眠気への作用が違うことを知っておきましょう。

そのうえで、いま自分がどういうタイプを必要としているかと、各薬の特徴をパッケージにある説明や、成分の表示を読んで把握し、選び分けるといいでしょう。具体的な鎮痛薬を次に整理しておきましょう。

(1)速く痛みを抑えたいとき……吸収が速く、即効性が高い解熱鎮痛消炎作用の成分を含むタイプ。主成分はロキソプロフェンナトリウム、イブプロフェン、アスピリンなど。

・ロキソプロフェンナトリウムが主成分の製剤……ロキソニンSのシリーズ(第一三共ヘルスケア)、バファリンEX(ライオン)など
・イブプロフェンが主成分の製剤……イブのシリーズ(エスエス製薬)、ナロンメディカル(大正製薬)、セデスキュア(シオノギヘルスケア)、フェリア(タケダ)など
・アスピリン(アセチルサリチル酸)が主成分の製剤……バファリンA(ライオン)、バイエルアスピリン(佐藤製薬)、ベネスロン(アスゲン製薬)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.