くらし情報『つい正論を持ち出しちゃう「白黒つけたガール」  その“強さ”は自信のなさの表れ?』

つい正論を持ち出しちゃう「白黒つけたガール」  その“強さ”は自信のなさの表れ?

2017年10月10日 21:45
 

目次

・頑張っているのにどうして評価されないの?
・正論で「白黒つけたガール」
・仕事はデキるのに、出世できないB美ちゃん
・頑張り屋さんの白黒つけたガール
・あえて、とどめを刺さない
つい正論を持ち出しちゃう「白黒つけたガール」  その“強さ”は自信のなさの表れ?

ぎゃあーっ!!今夜も聞こえてきました。女性の悲鳴に近い……怒声?なにやらずんずんさんがキャリアウーマンにつめられています。「……って私は言ったんだけど、どこか問題ある!?ないよね!?」「はい、おっしゃる通りです……なんかスミマセン」。どうやら女性の正論に返す言葉がない様子です。「なのに、私って全然評価されないのよ。上司の方が間違っているのにね」ため息をつく女性に、ずんずんさんは何を思うのでしょうか。

頑張っているのにどうして評価されないの?

こんにちは!ずんずんです。

オフィスのちょっと生意気な部下や後輩……。

生意気なだけならいいけれど、言動にイラっとするその時、

「奥歯ガタガタ言わしてやんよ」

と言わんばかりに説教……いやちょっと激しめの指導をしていませんか?

私も若かりし頃、後輩にちょっと激しめの指導をしたことがありまして、うっかりその後輩が泣いてしまったんですね。後日上司に「お前、何考えてんだ」と今度は私がちょっと激しめな指導を受けるハメになったのは良い思い出です。

とそれはさておき、こんなふうに良かれと思って指導しているつもりが行き過ぎてしまう人って結構いると思うんですよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.