くらし情報『「空気を読む」必要はなかった! 最高のチームワークはどう生まれる?【DJあおい】』

2017年10月19日 20:45

「空気を読む」必要はなかった! 最高のチームワークはどう生まれる?【DJあおい】

むしろ「馴れ合いが我慢ならない」という人のほうがチームプレイに適しているものなんです。

一人一人が違うからこそ「チーム」の意味がある

無駄に仲良くならなくても結構、価値観を合わせなくても結構、自分の主義主張も引っ込めなくて結構。

一人一人が違う価値観を持ち、一人一人が主義主張を差し出し合い、ときには衝突しながら、個々人の違いを尊重し合える関係になっていき、そうやって「チーム力」というものは成熟されていくもの。

一人一人が違うからチームというものは機能するようにできているんです。ゴールキーパーもディフェンダーもミッドフィルダーもフォワードもそれぞれに役割が違うから「チーム」というものは完成されるということですね。

馴れ合いは子どもと一緒です。

サッカーで例えるのなら馴れ合いの関係というのはただひとつのボールを皆で寄ってたかって追い掛け回すだけの子どもの団子サッカーと同じ。「みんな一緒」という価値観が災いして味方なのに邪魔だったり、「みんな一緒」という価値観が災いして誰もゴールを守ってなかったり、

「みんな一緒」という強迫観念に縛られて勝敗は二の次になってしまったり
みんな一緒ではチームとして何も機能しないし何もなし得ないものなんですよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.